Work 業務内容

Work

HOME//業務内容//贈与についてのご相談

贈与についてのご相談

贈与についてのご相談

贈与税を抑えるための
早めの対策をご提案

資産を贈与する際、贈与額に応じて贈与税を支払わなければいけません。基礎控除110万円を超える財産を贈与された場合は納税義務が生じます。特にまとまった財産を贈与しようとする場合、相当な贈与税が発生します。しかし、以下のような方法によって贈与税を減少させることができます。
例えば、
・妻と子の2人に毎年110万円を10年間贈与することにより、相続財産から2,200万円減少させる方法(基礎控除を活用した暦年贈与)
・婚姻20年を超える配偶者へ居住用不動産(最大2,000万円)を贈与する方法(配偶者控除の特例)
・子や孫一人当たり教育資金1,500万円を贈与する方法(教育資金の一括贈与を受けた場合の非課税)
・子や孫一人当たり結婚子育て資金1,000万円を贈与する方法(結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の非課税)
・住宅取得資金最大3,000万円を贈与する方法(住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税)

このようにほんの一例ですが、当事務所では、贈与税の支払額をできる限り抑えるための対策を行っております。他にも、更地に賃貸アパートを建設することにより財産の評価を減らすと同時に、納税資金を準備する方法もあり、対策を始めるのが早ければ早いほど、対策の効果は大きくなりますので、思い立ったらすぐにご相談ください。

料金表

初回相談
無料
通常料金
3万円~

※価格は税抜きです。

業務内容一覧