Special Contents 相続についての基礎知識

Special

HOME//相続についての基礎知識

相続についての基礎知識

相続についての基礎知識

相続のカギは
「早めの対策」

「財産相続」と聞くと「まだ自分には関係ないかな」と感じてしまう方が少なからずいらっしゃいます。しかしこの思い込みによって、損をしてしまうかもしれません!
円満に相続手続きを行い、関係者全員が満足できる相続にするためには、早め早めの相続対策がカギになります。

  • 相続について知っておくべきこと

    できる限り相続税の額を少なくし、相続人全員が満足できるような相続にするために、まずは基本的な知識を身につける必要があります。
    詳しくは初回無料相談でお話しいたしますが、当サイトでもごく簡単に「相続について知っておくべきこと」をご紹介いたします。

    相続対策は生前対策が最も効果的

    相続対策は生前対策が最も効果的

    相続対策にはさまざまな種類がありますが、実は最も効果の高い対策を行うことができるのは「相続が発生する前」なのです。
    生前対策は、大きく分けて5つあります。

    ①相続税の控除額を増やし相続税額を減らす
    ②相続財産を減らし、課税対象から外す
    ③相続財産の課税価格を引き下げる
    ④相続財産の一部を「非課税財産」扱いにする
    ⑤納税猶予を受けられるようにする

    これらの対策は、相続が発生してしまった後には行えません。そのため、相続税を効果的に節税するためには、できるだけ早くから準備をする必要があるのです。

  • 相続財産は不動産や現金だけではありません

    相続財産は不動産や現金だけでは
    ありません

    相続財産として最も連想しやすいものは、おそらくお住まいや土地などの不動産、または銀行口座の預金などではないでしょうか。
    しかし、相続財産はそれだけではありません。生命保険や債務など、見逃しがちな財産も立派な「相続財産」です。
    すべて漏れなく調査をし、正しい相続手続きを行いましょう。間違いのない手続きのため、当事務所がお手伝いやアドバイスをいたします。

  • 相続の放棄も視野に入れましょう

    相続の放棄も視野に入れましょう

    相続財産には、ローンや借金などの債務、つまり「負の資産」も含まれます。財産の分割相続を行う場合は、債務も含めて分割しなければいけません。
    債務総額が大きいと、相続額がマイナスになることがあります。こういった場合は、相続を放棄することも視野に入れましょう。
    「財産を相続するべきか放棄するべきか」の判断に困ったら、当事務所にご相談ください。